喘息(ぜんそく)の正しい知識と治療についての総合サイト

監修:国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授/山王病院アレルギー内科 足立 満 先生

ABOUT ASTHMA 喘息とは

喘息(ぜんそく)の症状

喘息の症状はさまざま

喘息は、咳や痰(たん)、息苦しさや「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘鳴(ぜんめい)など、さまざまな症状があります。最近では咳だけの喘息(咳喘息)も増加しています。また、胸の痛みやのどに感じる違和感なども喘息の症状のひとつです。
このような症状が続いている方は、一度病院・診療所を受診しましょう。治療せずに放置すると、気道の炎症が悪化して、発作の頻度が多くなったり、症状が重くなったりします。

息苦しい 咳き込む呼吸時にゼーゼー、ヒューヒューという音が出る夜間や早朝に咳や喘鳴などの症状が出やすい 喘息症状で夜間、目が覚める走ったり運動した後、息苦しい

どんな時に症状がおこりやすい?

喘息の発作は、夜間や早朝におこりやすいのが大きな特徴です。
その他にも次のような時におこりやすい傾向があります

喘息症状がおこりやすいとき

  • ・夜間~早朝にかけて
  • ・季節の変わり目など、気温差がはげしいとき
  • ・天気がよくないとき、変わりやすいとき
  • ・疲れているとき
  • ・風邪をひいたとき
  • ・発作を引き起こす刺激に触れたとき
    (タバコの煙、線香の煙、強い臭いなど)

あなたの喘息の状態をお医者さんに相談する前にセルフチェック 喘息クイックチェック