喘息(ぜんそく)の正しい知識と治療についての総合サイト

監修:国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授/山王病院アレルギー内科 足立 満 先生

ASTHMA MEDICINE 喘息(ぜんそく)の薬

喘息の発作がおきたときには

発作治療薬で喘息の発作をしずめよう

喘息の発作がおきたら、効果がすぐに出る発作治療薬を使って発作をしずめることが最優先となります。
喘息の発作治療薬としてよく用いられるのは、気管支を広げる短時間作用性吸入β2刺激薬です。テオフィリン薬を併用することもあります。
これらで症状が改善しなかったり、苦しくて横になれないほど重度の発作の場合は救急外来を受診しましょう。
喘息症状や発作治療薬の使用が週1回以上あれば「コントロール不十分」とされています。発作の頻度などを医師に伝え、喘息の長期管理について相談しましょう。

【喘息の発作治療薬】
・短時間作用性吸入β2刺激薬
気管支を広げる作用が強く、速効性があり、喘息の発作時にすぐに呼吸を楽にしてくれる吸入薬です。よく使われている噴霧式の器具の場合、吸入補助器具(スペーサー)を使うと、そのまま吸入するより効果が高くなります。ネブライザーで吸入する場合もあります。
改善が不十分であれば20分おきに吸入し、3回吸入しても(1時間たっても)呼吸困難があれば病院・診療所を受診しましょう。

・テオフィリン薬
気管支を広げるはたらきと、炎症をおさえるはたらきの両方を持つ薬です。ゆっくり効く徐放薬が長期管理薬として用いられますが、すぐに効くタイプの内服薬もあり、喘息の発作治療薬として使用されます。発作で病院・診療所を受診した際には注射薬が使われることがあります。

・経口ステロイド薬
吸入薬とは異なり、経口薬(内服薬)は喘息の発作時に使用します。β2刺激薬ほど速効性はありませんが、炎症の悪化を防ぎ、喘息の発作をしずめる効果が高い薬です。β2刺激薬などを用いても発作がおさまらない場合や、中程度以上の喘息発作がおこった場合に使用します。発作後数日間続けて服用することもあります。

・抗コリン薬
自律神経(副交感神経)から放出される気管支を収縮させるアセチルコリンという物質のはたらきを抑えて、気道を広げる吸入薬です。短時間作用性β2刺激薬と一緒に使われることがあります。

あなたの喘息の状態をお医者さんに相談する前にセルフチェック 喘息クイックチェック