喘息(ぜんそく)の正しい知識と治療についての総合サイト

監修:国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授/山王病院アレルギー内科 足立 満 先生

METHOD OF TREATMENT 喘息(ぜんそく)の治療法

喘息治療のステップ

吸入ステロイド薬が基本治療

喘息の治療は、4つのステップに分かれています。治療の開始時に、喘息症状と治療状況を総合してどの治療ステップかが決定されます。喘息は気道炎症がもととなっているため、どのステップでも抗炎症作用の強い吸入ステロイド薬が基本治療となっています。最近では、気管支を広げる作用のある長時間作用性Β2刺激薬と吸入ステロイド薬が一緒になっている配合剤がよく用いられます。これは、治療ステップ2から使用されます。

喘息治療ステップ
喘息治療ステップ

  • ICS:吸入ステロイド薬
  • LABA:長時間作用性β2刺激薬
  • LAMA:長時間作用性抗コリン薬
  • LTRA:ロイコトリエン受容体拮抗薬
  • SABA:短時間作用性β2刺激薬

喘息予防・管理ガイドライン2015

あなたの喘息の状態をお医者さんに相談する前にセルフチェック 喘息クイックチェック