喘息(ぜんそく)の正しい知識と治療についての総合サイト

監修:国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授/山王病院アレルギー内科 足立 満 先生

ABOUT ASTHMA 喘息とは

喘息(ぜんそく)の重症度

治療薬を選ぶ目安となる重症度

喘息の重症度は軽症間欠型、軽症持続型、中等症持続型、重症持続型の4段階に分けられます。
当然のことながら軽症と重症では症状も大きく違いますし、治療も大きく異なります。喘息予防・管理ガイドラインに沿って、症状の程度や呼吸機能の結果によって医師が重症度を判断し、それにあった薬の種類や量を選びます。

喘息重症度の分類
喘息重症度の分類の表

喘息予防・管理ガイドライン2015

あなたの喘息の状態をお医者さんに相談する前にセルフチェック 喘息クイックチェック